保護者失格 第63話 変わらない想い

空くんから変わらない想いを告げられた

ちづるだったが・・・

保護者失格。一線を超えた夜 63話

※ネタバレ感ありますので

ご注意ください。

橘家の玄関で

空くんは、なにか重要な事いいかけるのですが

母親から呼ばれてはっきりと言えずしまいでした。

なにを言いかけたのでしょうか?

一方、新キャラの

小鳥遊律子が出てきてなにやら

ただならぬ雰囲気の叔父さん。

12年ぶり。

・・・・だそうです。

もしかして以前付き合っていて

結婚を諦めた女性かもしれません。

以前、ちらっと出てきたことがありましたね。

「幸久」

「律子」

と下の名前で呼び合う仲なので

まあ間違いなさそうです。

藤田くんとも仲が良いようで

じゃ今夜は3人で飲みに・・・

という流れにはなりませんでした。

叔父さんはそそくさとちづるが待つ

自宅に帰宅したのでした。

律子さんは、まだ幸久さんが

姪と暮らしていることに

複雑な想いをしたようです。

ちなみに律子さんは、既婚者みたいなので

まさかの事態は起こらないと想いますが・・・

この女性となにかおこって

ちづるちゃんがヤキモチ焼いたりすることがあるのでしょうか?

保護者失格。一線を超えた夜 64話へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする