保護者失格 第62話 叔父が好きよりマシだろ

ちづるの母親の実家で空と

婚約することを迫られたちづるだったが・・・

前61話から急展開してきて

最近まったりムードだった保護者失格が

キュッとしまっておもしろくなってきましたね。

このまま叔父さんとうまく行って欲しいのですが

やっぱりドラマは必要です。

さあどうなるのでしょうか?

保護者失格。一線を超えた夜 62話

※いつもどうりネタバレ感ありますので、

ご注意ください。

従兄弟同士でも

結婚できる!

と言い切った空くん。

事前に祖母から、

ちづるとの婚約を打診されていたようです。

そんなことわかっていて、

ノコノコやってきた空くんは

相当ちづるの事が好きなのですね。

ちょっと考えれば、

フェアーじゃないことはわかるはずなのに。

はっきりちづるの事

恋愛対象だとわかって、妙に意識しはじめる

ちづるが鈍いというか・・・。

これからどう空くんと接してよいのか・・・

幸久さんからのメールを見て

なごんでいるちづるに空くんは

「叔父が好きよりマシだろ」

というのでした。やっぱり世間的におかしいよと言いたかったのでしょう。

ちづるは、従兄弟と結婚する方がおかしいと思っていたようでしたが・・。

一方

叔父さんこと幸久さんは、会社で残業。

そこへ一人の女性が現れてびっくり。

名前を小鳥遊律子というのですが、

同僚の藤田くんも知っているようです。

この女性は一体!?

幸久さんの冷や汗が気になりますね^^;

保護者失格。一線を超えた夜 63話へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする