保護者失格 第61話 母親の実家で・・・ 橘家に戻ることを相談されたちづるは・・・・?

ちづるの祖母が倒れたと聞いて

駆けつけたちづると空。実は・・・

保護者失格。一線を超えた夜 61話

とうとう当サイトも、

保護者失格のネタバレ系レビューサイトとして60話超になりました。

せっかくの区切りとなので過去記事の見直しをしているのですが、

あまりの文章の下手さに落ち込んでいます。

現状も下手なのですが、

自分からもみてもこれはひどい・・・汗

時間を見て書きなおしていきたいと思います。

さて、保護者失格の61話です。

※ネタバレ注意です。

ちづるのおばあちゃんが倒れたと聞いて、

慌てて駆けつけたちづると空くん。

言ってみると・・・超元気でなにも

なかったようにいるじゃないですか。

どうもただ呼び寄せるために

仮病を使ったようです。

ちなみにこのおばあちゃんは、

ちづるの母方の祖母なのです。

なにかきっとよくない提案をしてくるような気がしました。

「ちょっと話したいことがあってね・・」

そう切り出してきたのは、

やっぱりおばあちゃん。

空と婚約してほしい・・。

そうきたかーと思いました。

幸久さんと同居しているのを快く思わない

祖母は、なんとか空くんと結婚させて

孫であるちづるを引き取りたいみたいなのです。

幸久さんちの瀬名家とは断絶したものの、

実の娘の子供である、ちづるは別なんですね。

やっぱり実の娘が産んだ孫は、

一番かわいいに決まっています。

母親である小春さんにクリソツですし。

なんと事前に空くんにも了解をとってあると

いう祖母。

わかっていてこの場にやってきた

空くん。なかなかやりますね。

どうもみんな叔父さんから

ちづるを引き離したいみたいです。

もし橘家に入れば

叔父とは別々になってしまう・・・。

当然受け入れる気がない

ちづるは、その場から立ち去ってしまいます。

空くんとしては、

ゴールを決めたいところ。

さてこのアウェーゲームの行方はどうなるのでしょうか?

保護者失格。一線を超えた夜62話へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする