保護者失格 第46話| 服の上からじゃ足りなくて

保護者失格。一線を超えた夜 46話

今日はクリスマス♪

そしてそして・・・あと少しでお正月ですね♪ 私が住んでいる地域では残念な事に雪がまだ積もっていません。

雪が降れば、冬っぽくて素敵なのですが・・。ちょっぴり残念。

冬休みがある学生さんも年末まで仕事がある社会人の皆さんもがんば~

私はと言うと【隔週刊 ボカロPになりたい!】を買い込んでボカロPになるべく奮闘中です(汗)早くうまくなってミクちゃんを調教したい~。(ここで言う調教とは、うまく歌わせることを言います)

それでは、保護者失格。一線を超えた夜46話レビュー行ってみよう♪

保護者失格46話 レビュー

保護者失格の45話の最後でちづるちゃんに電話がかかってきました。その声の主は・・・空くん。ちづるちゃんの従兄弟です。

外国帰りの明るい社交家である空くん。幸久さんは、やっぱ心配。そんな空くんがなんとなんと!!ちづるちゃんと同じ学校に通うことになったのです!!

これ・・・ワザとでしょ(笑)

ただでさえ嫉妬深い幸久さん。ちづるちゃんを独占したくてもうフルスロット状態。(あ・・・アソコもね)

喪服の上からちづるちゃんを刺激しまくりで、今回激し目です。

かな~~りガクガクなってました(恥ず(*´ェ`*)ポッ

終わってから、幸久さんの心情を察してか「空くんとは、何もないから大丈夫」というちづるちゃん。

当然何もないわけがないはずですよね~~。

保護者失格。一線を超えた夜 47話へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする