保護者失格 第56話 「私」という呼び方

保護者失格。一線を超えた夜の56話です。

この会は、な回ですよ。久々にTL漫画らしい内容にドキドキ。

仲直りした分、激しそうな感じがします。

でもちづるちゃんは、妙な事を聞くのでした。

56話のタイトルにもあるように、

なぜ今まで叔父さんは「私」って自分のことを言うのだろう?

今からエッチという時に、

質問をすると鳩てっぽうを打たれたような顔になる叔父さん。

今その質問?

ちょっとおかしいです(笑)。

それは、ちづるがある日、口調がかわったときに

自然と出たものだったのです。

それ以来、会社では俺。

自宅でちづるを目の前にしたときは「私」

自宅でも「俺」の方がかっこいいのに。

なんだか他人行儀にいつの間にかなっていったんですね。

叔父さんが「私→俺」って自分を表現できるようになったときが

本当のゴールのような気がします。

56話は始終エッチなシーンのオンパレード♪

ここは読んでのお楽しみですね。

保護者失格。一線を超えた夜57話へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする