32話 | 酔っぱらい叔父さん

保護者失格。一線を越えた夜 32話

毎月恒例の保護者失格の配信がさっそくありました^^ 今月は2話配信♪32話と33話です。

31話では、ちづるちゃんがファンシー下着を買って叔父さんを誘うというちょっとおもしろい展開でしたね。ちづるちゃんの斜め上を行く叔父さんへの攻め方が今後も目が離せません!

32話 お酒の味のキス

ちづるの親友 千代子ちゃんとその旦那さん(くまちゃん)と4者面談の場面で始まります。

千代子ちゃんは、結婚が決まっているけどバージンロードを一緒に歩いてくれる父親がいないみたいです。

その父親役を幸久さんにお願いしたい千代子ちゃん。

昔好きだったからでしょうか・・・。

ぜひぜひお願いしたいと頼むと幸久さんは、

笑顔で快諾。その表情がとても素敵デス。

幸久さんも千代子ちゃんのことよく知っているからなんだかうれしそう。

でも・・ちづるらにとっては微妙な話題なんですよね~。

結婚はできない間ですし・・・。

そんな2人の事を知ってか知らずか千代子ちゃんは、

ブーケ投げるから受け取ってよねなんて言うんです。

叔父さんまた考え事しなきゃいいんですが・・・。

ちづるは、2人に夕ごはんは自宅で食べていくことを提案。

案の定、千代子ちゃんにがっつり飲まされた幸久さん。

どうも千代子ちゃん酒豪のようです。(^_^;)

すっかり酔っ払ってしまった幸久さんですが、

ちづるが洗濯物を持ってくると一緒にたたむことに♪

すると・・・この前の勝負下着がぴらっと出てくるじゃないですか!

(爆笑www)

最近コメディー路線に入っているような(^o^)感じですね。

そんな変な下着が出てきてちづるが焦っているのを尻目に、

叔父さんはおもむろにちづるを膝の上に抱え上げて・・・

したい

酔っ払った叔父さんも素敵だなぁ~~と思いながら33話はきっとアレなんでしょうね(汗)

保護者失格。一線を越えた夜33話ネタバレ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする