保護者失格 第7話 | 一緒のベッドで寝て・・・

保護者失格。一線を越えた夜 7話。

前話で玄関でスマタエッチをした叔父とちづる。

でも叔父は、男が誰とでもできることを証明したかったみたいだけど、

女の子のちづるにはまったく伝わらなかったみたいですね。

で、ちづるに泣かれてしまって叔父は素直に謝ることに。

叔父さんいい人だなぁ~。

恋愛で素直って重要ですよね?

素直じゃない恋愛だったら遠回りしないといけないし・・・。

そしてちづるが、

どんな形でも叔父の事好きと言ってくれて当然叔父は落ちちゃいます^^;。

家族愛なのか恋愛感情なのか迷っていたとは言いますが。

結果好きだったんでしょ?ってつっこみたくなります。

そんなやりとりをしているとちづるの服についた叔父の欲望がだらり・・・。

お風呂沸かすよという叔父にちづるが、

今日は一緒に寝てといいます。

昔は一緒に寝たのに、

いつから寝なくなったのか・・

叔父はいろんな思いが脳裏を横切っていると思います。

そしてこれからのこと・・・・。

保護者失格。一線を越えた夜 8話ネタバレ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする