保護者失格 第5話 | ずっとそばにいて・・・

5話 保護者失格。一線を越えた夜 考え事をしたせいで、

買い物しすぎてしまったちづる。

かわいいですね。

たまにのデフォルメキャラがいい味だしてます。

そんなちづるに出来事が。

同じ学校の吉村くんとばったり出会います。

吉村くんは、

ちづるに好意があって荷物持ちしようか・・?

と申し出てくれる好青年です。

(ちづるに好意があるからでしょうが)

で・・・ちづるの家のアパート前まで運んできてくれるのですが・・・

叔父がちょうど帰宅してばったり。

叔父もちょっと機嫌が悪そうなんです。

父として?男として・・・?

両方の気分なんでしょうが・・・。

ちづるは、やべ~~とこ見られたみたいにあたふた。(笑)

なんか気まずい二人の空気感がびんびん伝わってきました(^_^;)
そして叔父の「お似合いだな」つ・・・冷たい一言!!

ちづるは、昨日あんなに愛してくれたのにショックで泣き出します。ぐっと来ましたTT

叔父さんじゃなきゃ 誰でも一緒だよ~~

家を飛び出そうとしたちづるを叔父が「あの男とするのか?」

やけっぱちになりそうなちづるを先回りして

叔父さんとうとう動き始めました^^

保護者失格。一線を越えた夜 6話ネタバレ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする