保護者失格 第3話 | やっちまった感が半端ない

3話。いよいよTL漫画らしさがでてきた回です。そうエッチシーンがありました。キャー
2話でお風呂場でバッティングした二人。

普段一緒に生活しているので、

こういる場面はあるとは思うのですが、

ちづるが意識し過ぎてオーバーアクション。

妙に慌てているのがおかしいぐらいです。

叔父さんは、ん・・・?どうした?って感じですが。

でも次のアクションで叔父さんにスイッチが入ります。

いきなり裸のちづるが、後ろから叔父に抱きついて「して・・・」@

そんな事言われて、ちづるに恥をかかせないようにエッチな行動した叔父の行動が正当化されるのかどうか・・?

単に叔父もムラっとしただけなのか・・?

私にはわかりませんでした。

でも叔父は、ちづるに意識し始めていることは間違いないですね。

そして痛いということばで、目が覚めてしまうところの二人の空気がやりきれないです。やっちまった~感が半端じゃないですね。

一線のトリガー引いちゃった。
もう二人は戻れない世界に踏み込んでしまったようです。

保護者失格。一線を越えた夜 4話ネタバレ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする