保護者失格 第26話 | ちづるの浮かない表情に幸久は・・・。

保護者失格。一線を越えた夜 26話

つきのおまめファンの皆様!
育てて、壊す。-少女と従兄の不道徳な関係という漫画がスマホで読めるようになったのは、ご存知ですか?
読めるのは、Handyコミックさん。

さて保護者失格。一線を越えた夜 26話ネタバレも書いちゃいます。
話数もだいぶ増えてきましたね~。
気合いれてレビューしちゃいます。

26話 消えたキスマーク

千代子は、まだネイル業界では新人だし、

なにより嫌な母親そっくりな行動をとってしまうんじゃないかと心配しているようなのです。

迷っているというより聞いて欲しいって言う奴ですね。

ちづるは、千代子に幸せになってほしくて背中を押してあげます。

いい娘さんです。そんなちづるだから千代子も聞いてほしかったんでしょうね。

千代子は、ちづるに好きな人はいるの?と聞かれます。

い・・いないけど。

男の友達に告られたというとプンプン怒っている千代子がかわいいですね。

でも・・そんな親友にも言えない・・・

叔父さんと付き合ってるなんて・・・。

(言えないのはつらいですね)帰宅後、ちづるはお風呂に入りながら、薬指を眺めます。

不安だろうな・・・。

風呂あがり鏡を見ると旅行の時につけられたキスマークが消えかかっていて。。。、

・・・
ちょっと浮かない表情のちづるに幸久はすぐ気づきます。

どうかしたの?

どうもしないよぉ~~~・・・・ぽてっ。

疲れが出たのでしょうか?

叔父さんの前で倒れてしまいます。

つづく・・・ってなってました!

うわ~~ん続きめちゃ読みたいのに!!!!!!!!!!

来月まで辛抱辛抱っと。

ふふっ。私には、育てて、壊す。の配信があるから平気!

保護者失格。一線を越えた夜 27話ネタバレ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする