保護者失格 第25話 | 親友が結婚する時。

保護者失格。一線を越えた夜 25話

保護者失格。25話がとうとう配信されました~^^/

早速購入ぽちっとな(フルっ!)

前回が前回なだけに・・・話が動きそうですね。

ちょっと怖いものみたさの25話。

さっそくネタバレ書いちゃいます。

25話 親友にも言えない好きな人。

親友の千代子に呼び出されたちづる。

叔父さんは、いつもどおり見送ってくれたけど・・・なんだか変な空気が。

幸久って呼んじゃだめだって言われて。

あの時だけだというのが、ちょっと寂しいちづる。

そんな気持の迷いも親友といれば吹っ切れるはずだった・・

旅行のおみやげを手渡すと、友達といったの?と聞かれます。

ちづるは、「うん・・・・」(実は叔父さんとなんて言えないし・・・)

・・・
千代子は、家庭環境が複雑で居場所がなく、

ちづるの家によく遊びにきていたのでした。

・・・
千代子の相談というのは、結婚しようかどうしようかというものだった。

なにやら迷っているようですが・・・。

結婚前のマリッジブルーなんでしょうか・・・。

保護者失格。一線を越えた夜 26話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする