保護者失格 第16話 | 一人エッチしてたの?

保護者失格。一線を越えた夜 16話。

出張に行ってしまって一人の夜を過ごしたちづる。

でも寂しくて叔父のベッドに潜り込んで匂いをクンクン。

それでも満足できなくて、

叔父のベッドで自慰行為。

ちゃんと自分のベッドで

寝ないと叔父が朝帰ってきちゃうよ・・・

朝叔父が帰って来た。

リビングの片付けをしてない・・・。

叔父はめずらしそうに見渡す。

ん?自分の部屋のドアが開いている・・・?

ちづるがいるのかな?

あ・・ちづるが寝ている。

なんで自分の部屋に寝てないのかな?

!!!!!!!!!!

ちづるの寝相を見て叔父はびっくりする。

ちづるが自分の手を

アソコに入れたまま寝てる・・。

んーーーどうすればいいのか・・・

寂しくて自慰をして疲れて寝ちゃったのかな?

勇気を出して起こしてみると、

ちづるはすぐ起きたが・・・

自慰をしながら寝てしまったことがバレてしまって、

頭がまっしろけに(汗 まさに穴があったら隠れたい気持でしょうね。どんなに体を合わせた相手でもこれは恥ずかしい・・・

やだやだと布団をかぶってしまい、

叔父に嫌われるんじゃないかと心配しているようです。

でも叔父はそんなことでは嫌いにならないよとやさしくフォロー

耳元で俺がいない間一人でしてたのか?

とストレートな聞き方をします。

叔父さんドSすぎ!!

そしていない間どうしていたのか見せてよといいます。

叔父さんも変態だ・・・。

そしてちづるは、

叔父さんの前でくちゅくちゅ やっちゃいます。(オイオイ

そうかココが気持いいんだね~と

叔父さんもエッチモードになり・・・

保護者失格。一線を越えた夜 17話ネタバレ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする