保護者失格 第13話 | 旅行に行こう

保護者失格。一線を越えた夜 13話。

熱い一夜を過ごした二人。

朝顔を合わせるのって恥ずかしいですよね?

どんな顔して彼は私を見てるのかってすごく気になります。

昨日あんなエッチな事をした叔父。

朝もそんな感じだったらどうしよう・・

そして恥ずかしい事いっぱいされたので、

その事言われたらどうしよう・・。

そんなことをちづるは、思っていたはず。

ちづるが目が覚めると、叔父が隣に。「おはよう」だなんて(恥ず
爽やかすぎますって叔父さん!!

昨日あんなにアツかったのに。

なんでそんなにさわやかなんだ!!

・・ってちづるは思ったはず。

そして体大丈夫なんて・・・気遣ってくれて・・

起きる?ご飯?それとも・・

お風呂入る。

じゃ一緒に入ろう

え・・(キャー!!)

・・もう勝手にやってくれ・・ってぐらい激アツですね。

またまたお風呂でエッチ♪ちづるは軽く絶頂しちゃいます。

叔父は、

なにか彼氏ぽいことをしたいらしく何かしたいことない?と聞きます。

ちづるはデートしたい。

駅前の・・・と言いかけると叔父の顔が曇って僕らの愛は堂々とできるものじゃないといいます。

そこでちづるは「あ・・・」

叔父は、そんなちづるを見て旅行しよっかと言います。

暗くなっていたちづるの表情がぱっと明るくなったとこがよかったですね~~うんうん。

保護者失格。一線を越えた夜 14話ネタバレ

━━━━━━━━━━━━━━━
つきのおまめの読み切り漫画夏のつぼみが

で読むことが可能です。
※夏のつぼみで検索すると見つかると思います。全2話。
あんまり知られていないのでぜひ読んでほしい作品です

━━━━━━━━━━━━━━━━

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする