保護者失格 第1話 | 20歳になったちづる

皆が良いというので、スマホで保護者失格。一線を越えた夜を読んでみました。結果・・・大ハマリ

スマホの便利さを再認識しました


叔父が帰って来て子犬のように擦り寄っていく、ちづるがかわいい~♪きっと帰宅を待ちわびていたのでしょうね。でも人をつれてきて2人きりになれなくてちょっと不満そうに見えたかも?

会社の人が昔話をして、家族を強調されてムックれるちづる。家族でもいいじゃない?と思うのだけど、一人の女性に見れたいという気持ちがつよいのかな?

ついアルコールを一気してしまうとこが若者らしい。。。そして倒れちゃうなんてなんて免疫のない・・・。

私だったら、一気に飲んで叔父さん襲っちゃうかも??ちづるは、恥ずかしい気持ちがまだ強くて初々しいですね。

20歳にもなってパジャマの着替えさせてくれる叔父さん・・・過保護すぎ!!そんな優しい男性がどこかいないかな~~

保護者失格。一線を越えた夜 2話ネタバレ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする