保護者失格 第37話 | 彼女のついて思うこと

保護者失格。一線を超えた夜の37話の感想です♪

前回は成人式出席するしないのお話で終わってしまいましたね。(エッチなシーンはなし(^_^;))

37話では、成人式に出ない理由が当然語られるはず?!です。

彼女ついて思うこと37話

幸久さんは、ちづるが成人式に出ないといったのは着物代が高価だからとすぐ察したようです。

ちづるちゃんは、着物を買う→買えない→行かない

という考えだったようです。

今時期、まあレンタルというのもあるのですが・・・(汗)

でもせっかくだから着物はやはり新丁したいですよね?

そんな気持ちも察して幸久さんは、「大丈夫。心配しなくていい」と優しくいいます。

ありがとう♪」と素直に喜ぶちづるちゃんを見て、幸久さんもにっこり♪

急にちづるちゃんが愛おしくなった幸久さん。チュっとしちゃいます♪

でも・・・

これからの事、相当葛藤しているみたいです。その証拠に眉間にシワ。

ちづるちゃんから指摘されちゃいます♪。本当にこの先、このままでいられるんでしょうか・・・?

>>保護者失格。一線を超えた夜38話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする