保護者失格を単行本形式で読めるebookjapanは、とても安心できる電子書籍サイト 

TL漫画の鉄板漫画である、保護者失格をフルサイズで電子書籍として読みたいならば、eBookJapanがおすすめです。

PCやipadなどのユーザーならeBookJapanです。

eBookJapanとは?

保護者失格がフルサイズで読める電子書籍サイトとしては、【eBookJapan】があります。
【eBookJapan】は、2000年12月に配信開始した電子書籍販売サイトで、とても信頼があります。

その理由は、事業開始前に通商産業省(現 経済産業省)による新事業創出促進法の認定事業者として認定を受けています。

つまり政府がお墨付きを与えている事業者なのです。

また購入可能な電子書籍は40万冊以上とこちらも日本最大級の電子書籍サイトとなります。yahoo!コミックへコンテンツを提供したり、大手の出版社と提携をしていたりしていますので、実績はいうまでもありません。

最近では、ダ・ヴィンチや集英社『ウルトラジャンプ』 などの紙面にも登場している会社です。

とはいうものの・・・実は利用してきませんでした。そこで今回ebookjapanのサービスを利用してみることにしてみます。

ebookJapanの会員になって購入してみた

このたび、保護者失格。一線を超えた夜が【eBookJapan】で読めると聞いて、実際に購入してみました。

アクセスしてみたのは、スマホからです。保護者失格。一線を超えた夜の1巻は300円でした。

単行本の1巻を持っているので今さら購入しても・・・とも思ったのですが、どこでも読めるメリットに負けて購入することにしました。(誘惑に弱い私・・・汗)

購入手続きをクリックすると、初回なので会員登録が必要でした。

はじめてご利用になるお客様のところから会員登録。つぎに、メールアドレスを入力

しばらくすると、案内メールが届くのでメール中に書いてあるURLをタップすると

・ニックネーム
・ログインパスワード
・秘密の質問と答え
・氏名
・年齢
・性別
・住所(都道府県)
・成人向けの閲覧
・メールマガジンの購読

を決めて登録しました。

ちょっと項目が多いので、スマホからだと面倒に感じました。

※会員登録は、PCからの方が楽だと思います。もちろんスマホからでも登録でき、PC、スマホどちらでも読めるので、面倒な登録は無駄にはなりません。

最後に支払い方法を決めるだけです。

支払い方法は、

クレジットカード、電子マネー、キャリア決済から選択することができますが、

キャリア決済が一番楽だと感じました。

便利なweb上本棚 トランクルーム

トランクルームというのは、購入した電子書籍を保管している電子本棚です。これを利用すると複数の端末で購入した漫画を読むことができます。

複数の端末は5台まで登録できるので、amazonのkindleやappleの製品と同じような感覚で使用できると考えてよいでしょう。

読書できるのは二通り
・直接ebookjapanにログインして読む
・ebireaderをアプリとしてダウンロードして読む

スマホで読むならいずれの方法です。トランクルームを利用するなら、ebireadeをダウンロードして、登録するとOKです。

最後に

最初の会員登録が面倒なだけで、やはり保護者失格をフルサイズで読めるメリットというのは、かなりでかいです。手持ちのipadミニにダウンロードしてネット回線がない場所でも読めるし、自宅のパソコンでも読めます。

コマ割りに慣れてしまった私にとって、ebookjapanは、より多く電子書籍に触れる機会を与えてくれそうです。

PCやタブレットで保護者失格を読むにはこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする