つきのおまめさんのカナリアの四季の見どころ

少年物から、少女コミック、青年系などなど。そうこうしているうちに、つきのおまめさんの新作漫画が配信になったことに気づいたわけですが・・。

つきのおまめさんの公式サイト【月の負け犬】もチェックしていたのに・・・気付かなかったなぁ~~。で、で、その漫画のタイトルは、カナリアの四季というもの。

和服カレシは発情中に収められている短編マンガです。

詳細はこちら

カナリア=金糸雀と書くみたいです。カナリアは、毒ガス等の検知にも使われるほど繊細な鳥で、タイトルにも付けられたわけは読んだらわかります・・・。

小説家の旦那さんが・・・・かなりナィーブなお方

嫁さんの芙未さんは、至って普通の女性。だけど芯は強そうです。そんな二人が寄り添って生きている風景が描かれている漫画で、短いながらもほんわかでしたね。

カナリアの四季は、コミックシーモアで配信されている和服カレシは発情中内で読むことができます。私はコミックシーモアの余ったポイントがあったので読むことができたのですが、300円コースとか入っていると追加ポイントを購入しないといけないので注意が必要ですね。

肝心の見どころは・・・もちろんエッチなシーン

ただいまと言いながら妻が出てくるのをしらっとしながら待つ夫。そして「見せなさい!」といいながら、貞操帯の鍵がしっかりかかっているのを確認するのがエッチです。貞操帯って見たことがないのですが、どうやってトイレに行くのでしょうか・・・。結構不便な気がします(汗)

帰宅するなり貞操帯の鍵を外すなり、激しいエッチ開始。

いきなり!?という展開とともにあっさり終わって、貞操帯をつけさせる理由などのエピソードがあります。

短編漫画なので展開は急ですが、しっかり落ちがあるのはさすがですね。気なった方はチェックしてみてください。

詳細はこちら