保護者失格。一線を超えた夜のネタバレ感想まとめサイトへようこそ!

保護者失格。一線を超えた夜
交通事故で両親を失って、私を育ててくれたのは叔父だった・・・。そして20歳になった今 想いを告げることになり・・。

本編をすぐ読みたい方♡
ちらっと見るならこちらが便利

※スマホ専用の電子コミックサイトで、月額300円弱から気軽に読むことができちゃう!

  • 【漫画名】保護者失格。一線を超えた夜
  • 【作者】つきのおまめ
  • 【無料立ち読み】アリ
  • 【ジャンル】ティーンズラブ

単行本 保護者失格。一線を超えた夜

保護者失格。一線を超えた夜ネタバレ感想情報局へようこそ。

このサイトは、保護者失格。一線を超えた夜の作者つきのおまめさんの情報をお知らせするファンサイトです。

皆さんのご協力でサイト運営できています。今後共よろしくお願いします。

保護者失格の各話のあらすじはこちら

本編をすぐ読みたい方♡

ちらっと叔父さんのプレーを見るならこちら

保護者失格。一線を超えた夜のあらすじ

叔父さん・・・抱きしめて欲しいの・・・

20歳の成人式を直前にした姪は、叔父への愛を隠しきれずに裸で抱きつく。そんな姪の唐突とも言える行動に叔父は男として対応するのだった。

叔父の細長い指と舌が、姪の敏感な部分に触れて弓反りのようになる若いカラダ。

禁断の関係としりつつも、二人は肉欲の虜になってしまう。

8歳の時に両親に先立たれたちづるは、身寄りもなく叔父に引き取られて育った。

しかし、ちづるには誰にも打ち明けられない苦悩があった。

これまで自分を大切に育ててくれた“親”のような存在である叔父を、いつしか一人の男性として愛してしまっていたのだ。

だが、ちづるは、自分の気持ちを打ち明けられないまま日々を持て余していた。

そんな中、叔父の幸久が街を歩いていると、ちづるが異性と楽しく歩いている姿を目撃してしまう。そこで不思議な感情が芽生えてくる。

これは嫉妬なのか?

交錯し、すれ違い、絡まり合う想い。この感情に相応しい名前はなんだろう。少しずつ狂い始める歯車。

そして、運命は、ちづるがハタチになった日を境に少しずつ崩れていく!?

保護者失格。一線を超えた夜。禁断の扉の向こう側にあるものは如何に。

続きは本編にてお楽しみ下さい。

※スマホ専用の電子コミックサイトで、月額300円(税抜)~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする